コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

社葬、団体葬

葬儀社・予算・式場の設定

葬儀社の選定

社葬の成否は葬儀社によって決まるとも言われます。しっかりとした信頼のできる葬儀社を選ぶためには、充分な配慮と見極めが必要とされます。

葬儀社を選ぶ際のポイント

  • 大型斎場の予約が取れるなど、社葬のノウハウをより多く持ち、経験豊かであること。
  • 会社の要望に対応できる能力を持っていること。
  • ある程度規模が大きく、備品や小道具が揃っていること。
  • 式次第の作成や運営、僧侶(神主・神父)の紹介など、さまざまな面で相談にのってくれること。
  • ※過去に社葬をおこなったことのある会社や寺院、病院、葬儀組合などに紹介してもらうという手もあります。これまでの人間関係などにも気をつけ、慎重に選ぶことが大切です。

予算の選定

社葬が決まったら、葬儀費用の負担区分を明確にし、葬家ときちんと打ち合わせをしておきましょう。社葬費用としては、だいたい次のようなものが挙げられます。

  • 社葬通夜にかかる費用
  • 本葬儀にかかる費用
  • お布施(戒名、読経に対する謝礼)
  • 葬儀式場代
  • 火葬、収骨容器などの費用
  • 案内状、礼状にかかる印刷費・郵送費
  • 新聞の訃報広告にかかる費用
  • 車両代
  • 接待費
  • 諸雑費
  • 式場の選定

    式場は、会葬者の人数を予想し、遺族や葬儀社と相談の上、決定します。 社葬は一般的に、民間の斎場や寺院斎場(本堂)を利用することが多く、故人の自宅を式場とするケースは少ないようです。式場が決定したら、実行委員会の各係の代表者で下見をしておきます。

    相談無料 お気軽にお問合せください

    • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
    • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
    ページの先頭に戻る