コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

社葬、団体葬

葬儀後の事柄

後始末

葬儀・告別式が終了し、葬儀委員長や喪主、遺族が式場を出たら、式場に残った実行委員および各係は、後始末を迅速におこないます。まず、車両係は、会葬者がいっせいに帰路につきますので、駐車場の車の誘導をおこない、式場周辺が混雑しないようにします。
式場係や設営係は、その後のことも考えて、迅速に式場の後片付けをします。火葬場へ出棺した場合、進行係や接待係は喪家に行き、「遺骨迎え」の準備をします。
後飾りの祭壇は葬儀社が整えますので、家の内外の片付けなど、喪家の人を手伝うようにしましょう。

香典の整理

受付係および会計係は香典帳を作成し、現金を確認した後、会社宛、故人宛を問わずに遺族に手渡します。また、香典返しは通常、遺族側がおこないますが、件数が多い場合は会社が代行したり、遺族の手伝いをします。

葬儀委員長への報告

各係の代表者は、それぞれの報告書を葬儀委員長に提出します。 また、記録係がまとめた社葬に関するさまざまな資料や記録をもとに反省会をおこない、今後の参考にしましょう。

供花・供物、弔電に対する礼状

供花帳などを作成し、香典と同様に遺族に手渡します。礼状の発送も、相手先の住所など会社側が把握している場合が多いので、なるべく手伝うようにしましょう。 また、社葬の際にお世話になった関係先には、社葬後3日以内くらいに挨拶まわりに伺います。葬儀委員長を社外の人に依頼した場合は、社葬当日か翌日までに、金銭、または贈り物を持参し、挨拶に出向きましょう。

コラム

会葬御礼の新聞広告

新聞に会葬御礼の広告を掲載することもできます。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る