コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

葬儀時に必要な事柄

葬儀告別式

葬儀は「遺族や近親者が、故人の冥福を祈るために」営むもので、告別式は「故人の友人や知人が、故人と最後のお別れをするための」儀式です。葬儀と告別式を別々に行う場合は、このような意味合いをふまえて参列しましょう。

葬儀・告別式の式次第

  1. 受付開始
    1時間前~30分前に受付を始めます。
  2. 僧侶到着
    控室にてご挨拶をし、お礼を渡します。
  3. 遺族・参列者着席
    遺族は早めに席に着きます。
  4. 僧侶入場
    進行係が僧侶を式場に案内します。
  5. 開式の辞
    「ただいまより故○○○○殿の葬儀ならびに告別式を執り行います」と司会進行係が開式の挨拶をします。
  6. 僧侶読経
    読経は宗派や僧侶によって異なりますが、時間は20~30分くらいです。
  7. 弔辞拝受
    司会進行係が、弔辞を読む人の名前を呼びます。
  8. 弔電紹介
    あらかじめ選んでおいた弔電2~3通を読み上げます。内容を読まれなかった弔電は名前だけを紹介します。
  9. 焼香
    血縁の深い順に焼香します。参列者は席次順に焼香します。
  10. 僧侶退場
    参列者すべての焼香が終わった後、僧侶は読経をやめ、退場します。
  11. 遺族代表の挨拶
    喪主または遺族代表が参列者に挨拶をします。
  12. 閉式の辞
    「これをもちまして故○○○○殿の葬儀および告別式を終了いたします。このあと間もなく出棺でございますので、お見送りされる方はしばらくお待ちください」と司会進行係が閉式の挨拶をします。
  13. お別れ
    出棺の前に、喪主、遺族、親族による最後のお別れを行います。
  14. 出棺
    親族や故人の友人など、5~6人の男性の手で棺を霊柩車に納めます。
  15. 終了
    喪主または遺族代表は、見送りをしてくれた会葬者にお礼の挨拶をします。

葬儀・告別式の席次

葬儀の席次や焼香順は、通夜のときとほぼ同じです。ただ、弔辞を読む人や会社の代表者、社会的な地位の高い人などは、上座に座ってもらいます。焼香順も席次に従います。


最後の対面

葬儀・告別式の後、遺族と親族は最後の対面を行います。故人のお顔を見ることができるのは、これが最後となりますので、心残りのないよう、しっかりと見ておきましょう。その後、「別れ花」を故人の周囲に飾るようにして棺に入れます。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る