コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

葬儀時に必要な事柄

通夜式と通夜のふるまい

本来通夜とは、邪霊の侵入を防ぎ、故人の霊を守り慰めるために、線香の火を絶やさないようにしながら、遺族や親族が夜通し故人のそばで過ごすものです。しかし、翌日に葬儀を控えているときでもありますので、今日では「半通夜」で行うことが一般的です。

通夜式の式次第

  1. 受付開始
    遅くても30分前には受付を始めます。
  2. 僧侶到着
    僧侶控室に案内し、茶菓で接待します。
  3. 遺族・参列者着席
    喪主や遺族は早めに席に着き、参列者を迎えます。
  4. 僧侶入場
    進行係が僧侶を式場に案内します。
  5. 僧侶読経
    読経とともに通夜式が始まります。読経がされている間、参列者は耳を傾けます。
  6. 焼香
    血縁の深い順に焼香します。参列者は席次順に焼香します。
  7. 僧侶の説法
    遺族の希望により、僧侶が短い説法をする場合もあります。
  8. 僧侶退場
    参列者は座ったまま一礼します。
  9. 喪主の挨拶
    喪主または遺族代表が参列者に挨拶をします。場合によっては、通夜ぶるまいの案内をします。

通夜の席次

ふつうは祭壇に向かって右側が遺族、親族で、喪主から順に血縁の深い順に座ります。左側には、葬儀委員長、世話役代表、友人などが座り、一般の弔問客は来着順に座ります。


通夜ぶるまい

「通夜ぶるまい」とは、通夜式の後、弔問に対するお礼と故人の供養の意味をこめて、弔問客を酒食でもてなすことです。仏教では、忌明けまでは魚や肉などの生ものは慎むものとされていますが、最近ではこだわらずに、寿司やおにぎりの詰め合わせなど、弔問客がそれぞれに取りやすいものが重宝されています。

通夜ぶるまいワンポイントアドバイス

  • 喪主や遺族は宴席が始まる前に簡単な挨拶をした後は、席に着いたまま列席者のお悔やみを受けます。
  • 喪主や遺族は弔問客の接待をしなくても失礼にはなりません。
  • 弔問客を無理に引き止めるのはよくありません。
  • 帰るきっかけをつかめずに残っている弔問客がいる場合は、簡単な挨拶を述べ、帰りやすいきっかけをつくってあげましょう。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る