コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

会葬者の心得

弔問マナー

弔問に伺うときに、心しなければならないことは、悲しみの淵にいる遺族への思いやりを忘れてはならないということです。遺族の悲しみを募らせることのないように、その場にふさわしい服装や作法を心がけましょう。

参列者の服装

男性

ブラックスーツやダークスーツなどに黒のネクタイ。黒服着用が一般化していますので、上下色違いの服装などはふさわしくありません。

女性

黒や濃いグレー、濃紺などの(茶色以外の)地味なスーツかワンピース。化粧は控えめにし、香水やアクセサリー、派手なマニキュアなどは避けましょう。長い髪はひとつに束ねるなど、髪型も地味にします。
※ただし、色が黒であっても、派手なデザインの服装は好ましくありません。

香典の差し出し方

香典は弔事用の袱紗に包んで持っていきます。袱紗がなければ、地味な色の小さな風呂敷で代用してもかまいません。
受付で差し出すときは、表書きの名前を相手側に向けますが、葬儀の前後などで受付が設けられてなく、祭壇に供える場合は、こちら側から表書きが読めるように置きます。
また、通夜と告別式の両方に出席する場合には、通夜のときに持参します。

数珠の使い方

使わないときは、左手首に掛けるか、房を下にして持ちます。合掌するときには、両手の親指以外の指を数珠の輪の中に通して、親指で支えるようにします。また、数珠を椅子や床の上にそのまま置くのは不謹慎です。席を離れるとき、バッグやポケットの中にしまいましょう。
※数珠の使い方は、宗旨や数珠の種類によって異なる場合があります。


焼香の作法

  1. 順番が来たら、次の人に軽く会釈をして、やや腰を低くして前方へ行きます。
  2. 祭壇の手前で遺族と僧侶に一礼し、焼香台の前へ行きます。 
  3. 遺影を見つめた後、合掌、礼拝します。
  4. 焼香を終えたら、遺族に一礼し、自分の席に戻ります。焼香は宗派によって、その作法は異なりますが、あまりこだわる必要はありません。大切なのは故人の冥福を祈る気持ちです。

玉串奉奠の作法(神式)

  1. 祭壇の手前で遺族に一礼し、神官から玉串を受け取ります。
  2. 神官に一礼し、玉串案(玉串をのせる机)の前へ行きます。  
  3. 神前に一礼し、作法に従って玉串を置きます。
  4. 一歩下がって二度礼拝し、二度しのび手を打ち、一礼します。
  5. 数歩下がって遺族や神官に一礼し、自分の席に戻ります。

玉串の持ち方

  1. 葉を左側にして、左手で葉のほうを下から、右手で根元のほうを上から持ちます。
  2. 玉串案の前まで来たら、右手を返しながら根元が手前に、葉先が向こう側になるように回します。  
  3. 左右の手を持ち替えて、玉串を時計回りに半回転させ、根元を向こう側にして玉串案に置きます。

献花の作法

  1. 祭壇の手前で遺族に一礼し、用意された花を受け取ります。
  2. 献花台に進み、作法に従って花をささげ、指を組み合わせて頭を下げて黙祷します。  
  3. 2~3歩下がって、遺族に一礼し、自分の席に戻ります。

花の持ち方

  1. 両手で花を受け取ります
  2. 献花台の前まで来たら、そのままの持ち方で茎が向こう側になるように縦にします。
  3. 手のひらを上向きに 持ち替え、献花台にささげます。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る