コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

葬儀前に必要な事柄

弔問マナー

心のこもった葬儀にするためには、しきたりや作法についてもきちんと知っておく必要があります。特に喪主は、遺族の代表として葬儀を主催し、 弔問を受けることになりますので、基本的なマナーだけでも心得ておきましょう。

喪服

男性

喪主の場合は、白いワイシャツに黒いネクタイ、黒のベストに黒のモーニング(通夜ではブラックスーツ)を着用します。 和装であれば、黒羽二重の染め抜き五つ紋の羽織と着物に、仙台平か博多平の袴が正式です。

女性

洋装の場合は、黒無地のワンピーススーツやアンサンブルなどで、長袖が基本です。アクセサリーをするときは、一連の真珠か光らない黒石のものをします。 和装であれば、黒羽二重の染め抜き五つ紋に、黒無地の丸帯というのが正式です。

とりあえずの弔問客の応対

死亡の連絡を受けた人が通夜の前に自宅に駆けつけてくれることがあります。 喪主は「早速のお悔やみありがとうございます」などとお礼の言葉を述べ、遺体が安置されている部屋に案内します。この時はまだ平服でも構いませんが、カジュアルすぎるものは避け、質素でひかえめにします。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る