コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

葬儀前に必要な事柄

葬儀の流れ

葬儀の施行にあたって大切なことは、見栄や外見にとらわれず、故人の意思を尊重した儀式にすることです。 しかしたとえ、形式にこだわらない葬儀を行う場合でも、全体的な葬儀の流れは知っておく必要があります。

1.病院からの搬送

病院で亡くなった場合、家族は、故人が生前好んで着ていた衣服や新しい下着、寝巻などを用意します。
病院から自宅への搬送は、病院が契約している葬儀社が行なうことがありますが、お葬儀そのものを執り行う葬儀社は自分の意志で選ぶことができます。

2.死亡届・埋火葬許可証

病院で「死亡診断書」を受け取ったら、「死亡届」と併せて市町村役場に提出し、「火葬許可証」をもらいます。
この書類は火葬場に提出すると「埋葬許可証」となり、戻ってきますので納骨のときまで大切に保管しておきましょう。

3.納棺

「納棺」とは、最後の旅立ちをなさる故人に対して、残された者が最後にしてあげるお世話事だともいえます。 したがって、遺族の誰もが故人と触れ合うことができるような心くばりが大切です。

4.通夜

亡くなったのが午後であれば、通夜は翌日に行います。弔問客を迎えて行う通夜式は、夏は7時、冬は6時くらいから始め、 1~2時間で終わる「半通夜」とすることが多いようです。

5.葬儀・告別式

葬儀は「遺族や近親者が、故人の冥福を祈るために」営むもので、告別式は「故人の友人や知人が、故人と最後のお別れをするための」儀式です。

6.出棺

喪主は祭壇から降ろした位牌を、ほかの遺族は遺影を持って棺の後に続きます。霊柩車に棺を納めたら、喪主か遺族代表は、会葬者に挨拶をします。

7.火葬

火葬場へ持参するものは、位牌、遺影、火葬許可証、 骨箱などです。

8.骨揚げ

火葬が済むと、竹の箸でお骨を拾い、骨壺に納める骨揚げの儀式を行います。喉仏の骨は、故人と最もつながりの深い人が拾います。

9.精進落とし

本来、「精進落とし」とは、忌明けをもって、精進料理からふつうの食生活に戻るときの最初の食事のことですが、近年では還骨勤行の後に、葬儀に尽力してくれた方々に労をねぎらう意味もこめて行われています。宴席の時間はふつう1時間か1時間半くらいです。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る