コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

葬儀前に必要な事柄

死亡通知案内

残された人々は「死」の現実を受け入れる前に、大きな悲しみによって心を乱されてしまいがちです。それでも、死亡が確認されたら、速やかに死亡の連絡をしなければなりません。万が一のときのために、事前に知らせる人の電話番号を抜き出しておきましょう。

死亡通知の範囲

死亡を知らせるのは、親族、親しい友人や知人、勤務先や学校、町内会などですが、通夜や葬儀の日程が決まっていない場合は、とりあえず知らせなければならない人だけにとどめておきます。その他の人には、通夜や葬儀の日程が決まった後にあらためて場所や時間も含めて知らせます。

死亡連絡

死亡の連絡は電話が早くて確実です。家族が冷静に対応できない場合は、親戚や近親者が代わりにおこなってもかまいません。その際は、故人との関係を相手に伝えてから話します。 早朝や深夜の場合は、「朝早くからお騒がせします・・・・」「夜分遅く申し訳ありません・・・・」などとひと言つけ加えましょう。

知らせる内容のポイント

  • 誰が(故人の姓名)
  • いつ(死亡時刻)
  • どこで(病院などの所在地)
  • どうして亡くなった(病名やケガなどの原因)
  • 通夜・告別式の日時と場所
  • 知らせている人の名前と故人との関係

※上記はあくまで原則であって、知らせる相手の関係性によって内容を考えます。 また、家族だけで全員に連絡するのは難しいので、特に親しくしていた人何人かに連絡し、ほかの人への連絡はまかせても良いでしょう。ただし、故人の直属の上司や恩師には、家族から直接連絡するようにしましょう。先方が不在などで電話連絡がつかない時や、電話の通じにくい相手の場合は、電報を打ちます。連絡先の住所や電話番号も示しておきましょう。

死亡通知状

死亡の通知状は、私製はがきに黒または薄墨色で枠どりしたものか、同じく枠つきの封書を使うのが普通です。文面は時候の挨拶などは省き、主文だけにします。 しかし、一般的にはそうした余裕はなく、電話などでお知らせするにとどめます。

新聞の死亡広告

故人が知名人で社会的に大きな存在であった場合など、交際の範囲によっては新聞広告を利用して広く知らせます。葬儀に間に合うよう、できるだけ早めに、新聞社の広告部か広告代理店に申し込みましょう。

文面の内容(例)

  • 故人の氏名、死去の日時
  • 生前の親交に対するお礼
  • 通夜・葬儀・告別式の日時と場所
  • 喪主や家族の住所・氏名
  • 香典や供物を辞退するときはその旨も付け加えましょう。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る