コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

葬儀後に必要な事柄

初盆の進め方

お盆は、先祖の霊が里帰りをする日です。故人が亡くなってから初めて迎えるお盆を「初盆」とか「新盆」と言い、特に丁寧に供養します。故人をもてなす気持ちで、家族全員で手厚く供養することが大切です。

お盆の由来

お盆は正式には「盂蘭盆(うらぼん)」と言います。その昔、釈迦の弟子である目連は、餓鬼道に落ちて苦しんでいる亡き母を助けるために、釈迦に救済の仕方を尋ねました。すると釈迦は「毎年7月15日の安居が終わった日に、多くの僧侶を御馳走すれば母を救うことができる」と教えました。目連はさっそく僧侶たちをもてなし、母を救いました。これが「盂蘭盆(うらぼん)」の始まりと言われています。 また、目連の母が救われたことを喜んだ仏弟子たちが、喜び踊り出したことが「盆踊り」の初めとも言われています。

初盆の準備

忌明け前にお盆を迎える場合は、翌年が初盆となります。たとえば、7月初旬に亡くなった場合は、お盆以降に忌明けを迎えることになりますので、初盆は翌年に持ち越されます。

初盆の準備のポイント

  • 菩提寺の僧侶に初盆であることを告げ、法要の日時などについて打ち合わせます。
  • 仏壇や仏具の清掃をし、仏壇の前に精霊棚を設けます。
    (※浄土真宗では精霊棚を設ける習慣はありません)
  • 精霊棚には初物の果物や菓子、花、故人の好きな食べ物などを供えます。
  • 仏壇のそばや軒先に提灯や初盆灯籠を飾ります。

初盆の過ごし方

  • 13日は先祖を迎える意味で墓参りをします。
    (※14,15日は一般的に墓参りはしません)
  • 3日の夕方は、家の門口などで「おがら」(麻の皮をはいだ茎)を「ほうろく」(素焼きの皿)の上で燃やす「迎え火」を焚きます。
  • 法要は、僧侶をはじめ、親戚や故人の友人・知人を招いてやや盛大におこないます。
    (※このとき、遺族は喪服を着るのが正式とされています)
  • 15日(または16日)の夕方は送り火を焚いて霊を送り出します。地方によっては「精霊流し」をおこなうところもあります。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る