コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

葬儀後に必要な事柄

忌中・喪中

近親者が亡くなり、一定の期間喪に服することを「忌服」と言い、祝儀や祭りに出ることなく、身を慎みます。また、この期間は、「日常生活から離れて故人の弔いに専念し、精神的な傷を癒すとき」と考えることもできます。

忌中・喪中のいわれ

忌中

亡くなった日から忌明け(四十九日)までを「忌中」と言い、葬家は身を慎む期間とされています。昔は、忌中は家に閉じこもり、身を慎んでいましたが、近年では職場などで決められた忌引期間に従って仕事に復帰したり、通常の生活に戻る人が多いようです。

喪中

「喪中」の期間は一般的に故人が亡くなってから一年間(13カ月)を言います。昔は、その名のとおり、喪服を着て身を慎んでいたそうです。また、中国の儒礼(儒教の儀礼)では、三回忌をもって日常生活に戻っていたように、死後1~2年の間は遺族の故人への想いが息づいている期間と言えます

故人 忌中 喪中
父母 50日 13カ月
30日 13カ月
20日 90日
兄弟姉妹 20日 90日
祖父母 30日 90日
おじ・おば 20日 90日

※上記は、明治7年の太政官布告で規定されたもので、近年では、忌明け後には普通の生活に戻ることが多いようです。

祝事との関連

忌服期間に控えたいこと

  • お祝い事への出席
  • 神社への参拝
  • お正月の行事

忌明け以降は、喪中の期間であっても、お祝い事の参加は差し支えありませんが、自分の側からお祝い事を主催するのは控えましょう。また、喪中に迎えたお正月は、飾り付けや、初詣、年始まわり、年賀状など、お正月の行事は控えます。

年賀欠礼状

毎年、年賀状をいただいている人たちには、11月末頃までに「年賀欠礼状」のはがきを出します。文面には、誰(差し出し人との続柄)の喪に服しているのか、いつ亡くなったのかを書き入れましょう。文面は印刷所や葬儀社などに用意されています。喪中に年賀状をいただいたら、松の内(1月7日)が過ぎてから、年賀状のお礼と、喪中につき欠礼した旨を書いて返事を出します。年賀欠礼状を出し忘れているのであれば、お詫びの言葉も添えましょう。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る