コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

葬儀後に必要な事柄

香典返し・即日返し

香典返しとは、香典を受けた返礼に品物を贈ることです。法要が終わり次第、お渡しできるように早めに準備しておきましょう。しかし、必ずしもお返しの品にこだわることはありません。忌明けの挨拶状に感謝の気持ちを記せば、失礼にはあたりません。

香典返し金額の目安

香典返しの品は「半返し」と言って、いただいた香典の半額というのが一般的です。一家の主人が亡くなった場合などは、三分の一程度、または礼状だけでもかまわないでしょう。 香典の半額といっても個々に対応するのは大変ですので、1万円、5千円、3千円など、金額別に三段階くらいの品物を用意してお返しをすると便利です。

香典返しの品

香典返しの品は、お茶やお菓子、乾物類などの後々残らない消耗品、またはタオルやシーツなどの実用品がよく使われています。

「当日返し」と「忌明け返し」

香典返しは、「当日返し」と「忌明け返し」の2種類があります。 「当日返し」とは、葬儀当日に直接お渡しするもので、葬家にかかる香典帳の整理や発送などの負担を軽減します。また、香典の額に関係なく、すべての人に同じ品をお渡しすることで、香典返し本来の意味も生かしています。 「当日返し」は関東・東北地方を中心におこなわれており、近年増える傾向にあります。 「忌明け返し」とは、四十九日(または三十五日)の忌明けを待って、忌明けの挨拶状を添えて返礼するものです。香典の額と同額では相手の好意を無にすることから、香典の額を見た上で「半返し」するのが一般的となっています。

香典返しの挨拶文例

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る