コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

葬儀後に必要な事柄

位碑・仏壇

位牌や仏壇は何度も購入するものではなく、幾世代にも渡って永く使われますので、 充分に吟味した上で選びましょう。 また、購入後は毎日の供養やお手入れを欠かさないことが大切です。

位牌の意味と種類

位牌とは、故人の霊を祀るために戒名を書いて仏壇に安置するもので、故人を象徴すると同時に仏として崇める対象になります。

位牌の種類

札位牌 繰り出し位牌
故人一人の霊を祀る位牌で、黒塗りのものや金箔のものがあります。文字は彫ったものと書いたものとがあり、関西地方では、彫ったものが多く選ばれているようです。 先祖代々の位牌をまとめて収納できる位牌で、屋根や扉がついているのが特徴。

※逆修牌 亡くなる前につくる位牌で、生前は戒名・妙名を朱色で記します。

位牌の準備と購入時期

忌明けのときに、白木の位牌(葬儀のときに祭壇に祀っていたもの)は寺院か霊園に納めますので、それまでに本位牌(塗り位牌)を準備しなければなりません。宗旨によっては、本位牌をつくらずに過去帳でお祀りする(浄土真宗)場合もあります。

位牌選びのポイント

  • すでに先祖の位牌がある場合は、その大きさや形などを参考にします。 一般的には、先祖の位牌と同じか、それよりも小さいものをつくります。
  • 仏壇を新たに購入する場合は、仏壇の様式やサイズに合わせます。
  • 仏壇を置かずに位牌だけを祀る場合は、宮型 の位牌入れの中に納めると良いでしょう。

仏壇の意味と種類

仏壇は新仏や先祖を祀ってあるところと思われがちですが、仏壇の中心は位牌ではなく、あくまでも本尊です。本尊とは仏教の各宗派の信仰のよりどころとなるもので、ふつう、釈迦如来や阿弥陀如来などの像や、絵像、名号を安置します。

仏壇の種類

  • 唐木仏壇
    桜、桑、黒檀、紫檀など、堅い材質を原料とした仏壇で、その材質や木目が生かされています。
  • 塗り仏壇(金仏壇)
    主に、檜、杉などが使われ、漆や金箔を丁寧に施して豪華に仕上げられています。
  • 家具調仏壇
    部屋の雰囲気をこわさないように、洗練されたデザインが施された現代風仏壇。扉を閉めると、タンスや本棚のように見えますので、置く場所を選びません。

仏壇の準備と購入時期

仏壇は、忌明けまでに準備するのが一般的ですが、それまでに準備できない場合は、命日やお盆、彼岸を目安に購入するようにしましょう。

仏壇選びのポイント

  • 安置場所の幅、高さ、奥行きを確かめ、その部屋のインテリアや他の家具との調和も考えましょう。
  • 安置場所がない場合は、タンスや棚の上に置くことができる「上置き仏壇」をおすすめします。
  • 仏壇は幾世代にも渡って永く使われますので、購入の際には材質、仕様などを充分に吟味した上で選びましょう。

仏壇の安置場所

静かな場所

仏壇は祖先の霊を祀る場所です。客間や居間など、心静かに安置できる場所が良いでしょう。

身近な場所

仏壇は、家庭でご本尊やご先祖を拝み、供養するためのものです。あまり高いところに安置すると、日々の供養がしにくくなります。
※神棚と向かい合わせに置くと、お参りのときに、それぞれにお尻を向けること になりますので、あまり好ましくありません。

開眼供養

開眼供養とは、単なる「物」でしかなかったものに魂を入れることです。供養の対象となるのは、仏壇ではなく、仏壇に祀るご本尊や位牌です。この供養によって、ご本尊や位牌が宗教上意味を持つものとなり、同時にこれらを祀る仏壇を清めることになるのです。

毎日の供養の仕方

  • 朝の供養は、洗面を済ませて心身を清めてから仏壇に向かいます。
  • 家族の朝食の前に、炊きたてのご飯といれたてのお茶をお供えします。 
  • お供えするときは、立ったままではなく、必ず両膝を床につけておこないます。 
  • お供えが終わったら仏前に座り、焼香し、合掌、礼拝をします。鈴はむやみに打たないようにします。本来、鈴は読経の始まりに打つものです。 
  • 供えた仏飯は朝食後に下げ、無駄にせずにい ただきます。お茶も捨てたりせずに、植木などにかけるようにしましょう。 
  • 寝る前にも、合掌、礼拝します。このときは、一日を無事に終 えたことに対する感謝の気 持ちなどをささげます。

※日々の供養は宗派によって多少異なります。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る