コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

葬儀後に必要な事柄

法要の知識と準備

法要とは、本来残された人が仏の供養によって、故人にあの世での良い報いを向けるために行うものです。また、それだけでなく、残された人が互いの悲しみを思いやり、故人に感謝して生きるためのものでもあると言えます。

初七日(しょなのか) 死後7日目
(死亡日の前日から)
僧侶を招いて読経してもらいます。最近では葬儀当日の遺骨迎えの法要と合わせて行うことが多くなりました。
二七日(ふたなのか) 死後14日目 最近では内輪だけで行なうことが多くなりました。
三七日(みなのか) 死後21日目 二七日に準じる
四七日(よなのか) 死後28日目 二七日に準じる
五七日(いつなのか) 死後35日目 宗派によってはこの日を忌明けとすることもあり、初七日と同じ法要を営む場合もあります。
六七日(むなのか) 死後42日目 二七日に準じる
七七日(しちしちにち) 死後49日目 忌明け。白木の位牌は塗りに代えて仏壇に祀ります。法要は、僧侶や親戚のほかに、故人の親しい友人等を招いて営みます。
百か日(ひゃっかにち) 死後100日目 百カ日は故人が新仏になって初めての法要ですが、近年では、内輪だけで行うことが多いようです。
一周忌(いっしゅうき) 死後1年目 年忌法要。遠方からの列席者のことも考え、命日の前の土日や祝日に行なわれることもあります。
三回忌(さんかいき) 死後2年目 内輪で供養しますが、略礼服を着用するのが一般的です。当日は僧侶を招いてお経をあげてもらいましょう。
七回忌(ななかいき) 亡くなった年を含めて
7年目(満6年)の祥月命日
現在、法要は七回忌までは比較的盛大に行うことが多いようです。
十三回忌
(じゅうさんかいき)
同じ数え方で
13年目の祥月命日
法事にはお墓に卒塔婆をあげて供養します。(年回忌共通)
十七回忌
(じゅうななかいき)
同じ数え方で
17年目の祥月命日
 
二十三回忌 
(にじゅうさんかいき)
同じ数え方で
23年目の祥月命日
 
二十七回忌
(にじゅうななかいき)
同じ数え方で
27年目の祥月命日
 
三十三回忌 
(さんじゅうさんかいき)
同じ数え方で
33年目の祥月命日
故人を偲んでの法事は一般的に三十三回忌で終りとされます。
五十回忌
(ごじゅうかいき)
同じ数え方で
50年目の祥月命日
 
百回忌
(ひゃっかいき)
同じ数え方で
100年目の祥月命日
 

十三仏(じゅうさんぶつ)とは

初七日、二七日、三七日、四七日、五七日、六七日、 七七日を「中陰の七仏事」と言います。その後、中国に仏教が伝わってからは、百カ日、一周忌、三回忌の三仏事が加わり「十仏事」となりました。 さらに、日本で七回忌、十三回忌、三十三回忌が加わりました。つまり「十三仏」とは、初七日から、三十三回忌までの十三の仏事のことを言います。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る