コープこうべの葬祭サービス「クレリ葬」。コープこうべが責任を持ってお世話します。

葬儀後に必要な事柄

墓地墓石

お墓を建てる時期に特別の決まりはありません。亡くなってからできるだけ早い時期に建てたほうが良いのですが、代々使用することになりますので、墓地の場所や墓石の種類、予算など、充分に検討した上で、慎重に選びましょう。

お墓の意味

お墓は単に遺骨を安置する場所ではありません。亡くなった人の霊を祀り、故人や先祖を供養する場所として重要な意味を持っています。だから、どんなに立派なお墓を建てても、ろくにお墓参りに行かないようでは本来の意味をなしません。お墓を建てるということは、末永く先祖の霊をお祀りして供養を行うのが目的です。
お墓を建ててからが先祖供養の始まりと言ってもいいでしょう。

墓地の種類

寺院墓地

お寺の境内にありますので、法要の際には便利です。一般的には、そのお寺の檀家、宗派になることが求められますが、最近では宗派にこだわらずに受け入れてくれるお寺も徐々に増えてきています。

公営墓地

都道府県や市町村などが管理・運営している墓地のことです。民営のものに比べて永代使用料や管理料が安いのですが、購入資格や区画の大きさ、墓石の形などに一定の制限が設けられています。

民営墓地

財団法人や宗教法人などの民間の団体が管理する墓地のことです。恵まれた環境に位置し、宗派を問わず、区画や墓石の大きさなども比較的自由ですが、公営のものに比べて多少高額となっています。
※たとえ、手頃な料金であっても、交通の便や、管理・運営の状態など、慎重な検討は必要です。現地説明会や見学会があれば、決める前に参加しておきましょう。

墓石の種類

合祀墓

1基に先祖代々、複数の霊を祀ることができるお墓のことです。表面には「○○家之墓」「○○家」などと刻み、それぞれの戒名や名前は、埋骨の際に墓誌か墓碑に列記していきます。

個人墓

1基に故人ひとりの戒名や名前が刻まれる個人専用のお墓のことです。近年では少なくなっていますが、生前から個人墓を希望されていた方が建てられる場合があります。

比翼塚

夫婦ふたりだけのお墓で、夫婦のうちどちらかが亡くなったときに建てます。表面には両者の名前が刻まれ、亡くなった人の名前は黒、残された人の名前は朱色にしておき、亡くなった時点で黒く塗られます。

会社墓・団体墓

会社や団体の創立者や貢献した人々を祀る墓で、その会社や団体によって建てられます。これらのお墓には、実際に遺骨を納めるものと、埋骨はせずに会社の記念碑、慰霊碑として建てるものとがあります。

墓石に刻む文字

墓石には「俗名(生前の名前)」と「戒名」「没年月日」を刻みます。文字の種類は楷書体やゴシック体などから自由に選ぶことができます。
自分で書いた文字を刻んでもらうこともできます。また、洋型墓の場合は、「静」や「やすらぎ」など、故人の死後をイメージした言葉を入れることもできます。

開眼供養

お墓が完成したら「開眼供養」を行います。これは、仏壇を購入したときと同じように、墓に宗教的な機能を持たせるための法要です。開眼供養は、一周忌や三回忌などの年忌法要や、お彼岸、お盆などの仏事の時期に合わせて行うことが多いようです。

開眼供養の手順

  1. 開眼供養を行う日取りを決めます。
  2. 菩提寺の僧侶に相談し、指示に従います。
  3. 開眼供養の前日までに、墓石に刻む文字を刻んでおきます。
  4. 招く人(年忌法要と重なる場合は親戚や友人を招くこともあります)に日時と場所を連絡します。
  5. 寺院墓地で行う場合は、まず本堂に参列者全員が集まり、僧侶の読経とともに焼香を行います。
  6. 本堂での供養の後、お墓の前で簡単な読経、 焼香を行い、納骨します。
  7. 法要の後は、参列者を招いてお斎を行います。

開眼供養で用意するもの

  • お墓に供える供物や花
  • 僧侶に渡すお布施。
    (※霊園に僧侶を呼んだ場合は「御車代」も)
  • 石材店や管理所の人に渡すお礼(「志」)。
  • 石材店に渡す納骨代。

※開眼供養の進め方や、お布施の金額は地方や 宗派などによって異なります。わからない場合は、僧侶や檀家総代などに相談しましょう。

お墓参り

一般的にお墓参りの時期は、お彼岸、お盆、年忌法要、祥月命日、毎月の命日などですが、お正月や慶び事の報告の際にも参る習慣を身につけたいものです。

お墓参りの手順

  1. 掃除をする
    墓石やお墓の周りを掃除します。墓石に刻まれた文字は歯ブラシなどで磨くときれいになります。
  2. 供え物をする
    花や供物を供えます。食べ物は半紙の上に置いて供えましょう。
  3. 線香をたく
    束になった線香に火をつけ、帰るまでには燃やし切るようにしましょう。
  4. 水をかける
    墓石に水をかけるのは、仏の喉を潤し、清めるといういわれがあります。
    故人がお酒好きで、水の代わりにお酒をかける人がいますが、あとでホコリがつきやすくなりますので、あまりお勧めできません。
    墓石にお酒をかけた場合は、帰る前に水洗いして乾布で拭いておきましょう。
  5. 合掌礼拝する
    墓石よりも体が低くなるようにしゃがんで手を合わせます。

相談無料 お気軽にお問合せください

  • 葬儀などのご相談:コープこうべクレリ案内センター フリーダイヤル0120-366-577
  • if共済会のご相談・お申込み:ifカスタマーセンター フリーダイヤル0120-327-144
ページの先頭に戻る